エステを解約したいとき

体験エステ一本勝負!

体験エステ一本勝負! »

はじめに »

エステを解約したいとき

エステを解約したいとき

つい契約してしまったけど、あとになって後悔した。
引越しをするので、もう通えなくなってしまう。
最初に聞いていた内容の施術じゃなかった。
悪徳エステにひっかかってしまい、無理やり契約させられてしまった。

どんな理由でも、解約を考えている方。
これは解約を考えているあなたの手助けに作ったページです。

クーリングオフで解約する
エステサロンで契約書をもらってから8日以内であれば、無条件で契約を解除することができます。
条件は、料金5万円以上で期間が一ヶ月以上の契約内容で、化粧品や美顔器などの器具・矯正下着などもクーリングオフの対象です。
契約書を渡されてから8日以内なので、そもそも契約書を渡されていないなんていう場合ならいつでも契約解除できます。

また、化粧品などは使用しているとクーリングオフの対象になりません。
しかし、購入時に店員が封を切って使用させたりした場合は、クーリングオフ対象です。

具体的な方法は、エステサロンに「○月○日 ○○の契約を解除します」という内容の書面を書いて郵送してください。
コピーをとって、内容証明郵便や簡易書留で送るのがいいでしょう。

中途解約
現在エステサロンには法律で中途解約権があります。
これは、契約書に途中で解約ができないなどの記述があっても無効となる強い規定です。
それまでに受けた施術の分だけを支払えばいいのです。
一括で料金を前払いしてしまったようなときでも、返還してもらえます。

途中で解約する場合は違約金を支払うことになると思いますが、それにも上限(2万円まで)がありますので相手の言い分を鵜呑みにしないようにしましょう。

ひとりで悩まないで
自分で手続きをするのに疑問や不安があるなら国民生活センターなどに相談してみましょう。

それから、このページはQ&A 美容・エステ110番という書籍を参考にして書きました。
対応策など、もっと詳しい内容が知りたい方は一度ごらんになってください。

Q&A 美容・エステ110番―基礎知識から被害の実態と対応策までQ&A 美容・エステ110番―基礎知識から被害の実態と対応策まで
美容エステティック被害研究会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最終更新日:2007/04/12

このページ(エステを解約したいとき)のトップへ


体験エステ一本勝負!に戻る

メニュー

リンク


▲通いやすい雰囲気とプライスが魅力

234-60imp
▲ダイエットなら。この内容でこの値段は安い。


▲こちらの体験も狙ってます

▲行ってきました!後日upします